STDK 4 LIFE

RSS | Random | Archive

About Me

DJ JET BARONG

好きなものやアジアのSTDKなものを。

Blogs I follow:

Theme by: Miguel
  1. 5 Notes
    Reblogged: yepperoni
  2. adogwithoutabone:

Asiáticas *-*

    adogwithoutabone:

    Asiáticas *-*

  3. 17 Notes
    Reblogged: adogwithoutabone
  4. 5 Notes
    Reblogged: crucify-sixx
  5. DJ JET BARON FUNKOT PROMOTION MIX

    DJ JET BARON FUNKOT PROMOTION MIX(80min)

     http://www.mediafire.com/download.php?wzhjhphz987d1jy

    SWEET BOUNCE

    ESCAPE 2 PARADISE

    EVERYTIME WE TOUCH

    INSOMNIA

    PARTY SEX ANTHEM

    PARTY CROWN

    RUDE BOYEE 2012

    WARP FACTOR

    DREAM OF SOUND

    POWER OF STREET DREAM

    INEK 2011

    VOODOO PEOPLE

    MOVES LIKE JAGUAR

    OMG(BABY DON’T GO)

    NO COMENT

    BAD ROMANCE

    MAAFKAN

  6. 7 Notes
  7. magicboysclub:

aosakana:

クラブでダンス禁止令の張り紙を発見。どういう事なの…… … on Twitpic

FUCK
  8. 268 Notes
    Reblogged: clinicrecords
  9. 胸毛レコーズ: [mng020]ディスク百合おん - 長津田ハートブレイク

    munagerecords:

    mng020
    ディスク百合おん - 長津田ハートブレイク



    01.悲しい曲
    02.BEAT IN YANAGISAWA
    03.DISC NATION(Nostalgic Ver.)
    04.Midnightstarter
    05.ZENTAI OTOKO
    06.ムネオハウス
    07.先月、世田谷の某コンビ二で大友康平さんを目撃しました
    08.GEESE
    09.LAST-CAL
    10.DONUTS!
    11.otoshing disco cut
    12.アニメ検定(ディスク百合おん REMIX)
    13.珍宝的〜シーズン1〜The Chimpo -Season1-(HEARTBREAK…

  10. 31 Notes
    Reblogged: munagerecords
  11. 844 Notes
    Reblogged: error888
  12. 96 Notes
    Reblogged: error888
  13. amnemonic:

【至福の】猫画像スレ 前編 | 【2ch】ニーてつVIPブログ
  14. 604 Notes
    Reblogged: amnemonic
  15. "

    From three-line reviews in “The Source” to downloading three albums a day, HipHopDX’s J-23 steps in tocompare the dedication and listening habits of yesteryear to today’sdaily operation.
    The Sourceマガジンの3行レビューの時代から、一日に3個のアルバムをダウンロードする時代へ、Hip Hop DXのJ-23が、昔と今のHip Hopリスナーの音楽への思い入れと聴き方の違いについて踏み入って書いてみよーと思います。

    Right now you can probablylisten to 99% of all the Hip Hop ever made whenever you havean Internet connection. If you can’t download it with a quick Googling, someonehas probably posted it on YouTube. At worst, you can do this from acell phone. To some readers, this is the only way you’ve ever known the experience. To others, these advances are an incredible conveniencecompared to how they used to get their music. It was not that long agothat today’s landscape was an inconceivable notion.
    今の時代、インターネットの環境が整ってさえいれば今までにリリースされた全てのHip Hopの殆ど(99%)を聞く事ができちゃう。グーグルで調べて例えダウンロード出来なくても、誰かしらYoutubeとかに上げてるし。しかもそんなのケータイでも出来ちゃう時代。一部の(Hip Hop DXの)若い読者にとっては、それが音楽を聴く当たり前で唯一の方法かもしれないけど、昔を知ってるその他の読者にとったら、ほんと便利ですんごい事なんだ。今当たり前に思ってるこの環境は、ちょっと前までは信じられないよーな事だったんだよ。

    We’re at a time now where Hip Hop fans weren’t just too young to remember the days ofrewinding and changing sides, many were not even born yet. Hip Hop isgetting old; some 40 years have passed since Kool Herc was deejayingblock parties in the Bronx and 25 since the first Rap album went #1.The music, the artists, and the fans have come and gone like theseasons. The saying goes, “the more things change, the more they staythe same.” While that’s true for a lot of aspects of Hip Hop, itcertainly doesn’t apply to the listening experience.
    最近ではHip Hopファンが若過ぎて、巻き戻したりカセットのA面からB面に変えてた昔の事を覚えてないし、その時代に産まれてないヤツだって多くなってきてる。Hip Hopも歴史が長くなってきたもんだ。DJ Kool HercがブロンクスでブロックパーティーのDJを初めてしてから40年、ラップのアルバムが初めてNo.1を獲得してから25年もたってるんだから。音楽、アーティスト、ファンは、季節の様に来ては去って行く。変化が多いほど、変わらない物も多い、って言うけど、音楽の聴き方に焦点を当てるとすれば、それは全然当てはまらないんだ。

    Let me paint you a picture.

    Imagine it is 1992 and you’re awaiting The Chronic instead of Detox. You read in The Source that Dre’s new single was dropping this month and you’re dying to hear it. While walking to school one day a car stops at a light and youhear a funky bassline, whining synths and Dr. Dre telling you it’s like this and like that. The light turns and the car starts driving so youbreak into a sprint to keep up and hear a little more of the song.
    ちょっとイメージわき易いように説明させてもらうと..
    ちょっと想像してみて。1992年、DetoxじゃなくてThe Chronicをみんなが待ちわびてる頃だ。あなたはThe Sourceを読んでDreの新しいシングルが今月リリースされる事を知った。ある日学校に向かって歩いてる時に、信号で停まった車からファンキーなベースラインとうねるよーなシンセ音、そしてDr.Dreがあれこれラップしてるのが聞こえて来るんだ。でも信号はすぐ変わって車は動きだしちゃうから、あなたはその続きが聞きたくてその車をダッシュで追いかけるんだ。

    Once you get to school and finish drying off in the bathroom, you askeveryone you know who listens to Hip Hop if they’ve taped the song offthe radio or taped the video. Unsuccessful, you head home that nightand sit by the radio with a blank cassette tape in the deck. Every time a new song comes on your finger hovers over the record button. No luck.
    学校に着いたらトイレで手を乾かしながらHip Hopを聞いてるヤツ全員にDreの新曲をラジオから録音したりビデオを録画したかを聞いて回るんだ。でもその日は残念ながらなんの情報も得られないまま家に帰る、そして一晩中ラジカセに空のカセットを入れてラジオの前でひたすら待機!そんで新曲がかかるたびに録音ボタンをすかさず押すんだ。でもその日はDreの新曲はラジオでもかからない。実り無し。

    The next day you hit the store the see if the new Source isout because they might write three sentences about the song, which will be very satisfying to read. A week later you find out your boy has the song on his new pause tape. Unfortunately, it is the dub of a dub of a dub of a dub of a dub. The static from the radio is minimal, but it’sgot more hiss than a 30 foot python.
    次の日、あなたはレコ屋に行ってSourceの最新号がでてないかチェックしに行く。もちろんSourceマガジンのDreの新曲への3行レビューを読むために。あれを読んだときの満足感ったらないよな。
    そーしてる間に1週間が経ち、やっとで曲を持ってる友達を見つけたんだけど、それがコピーのコピーのコピーみたいなやつで、ラジオの雑音は入ってないのは良いんだけど、10メートルもある蛇が威嚇してるよーなシューーーーーーって音が入ってる。

    Nevertheless, you listen tonothing but the song for two weeks straight. Your mom is pissed because you went through 18 batteries for your Walkman because rewinding every four minutes for hours at a time takes a toll. Cut off from gettingnew batteries you toss your dead ones in the freezer to get some morejuice out of them. This is a daily operation.
    そんな酷い音源でも、あなたは2週間ずーーーーっっとその曲だけを聞き続けるんだ。ウォークマンで4分の曲を聴いては巻き戻しを何回も繰り返すもんだから、18個のバッテリーを使っちゃってお袋がマジギレしてる。新しいバッテリー買ってもらえなくなっちゃったから、仕方なく切れた電池を集めて冷蔵庫に入れて残り僅かのバッテリーも絞りだして使い切るんだ。
    ほんとこんな毎日だった。

    Now fast forward for a moment to 2011. You’ve read 36 news updates on Detox in the last month, and the latest from Mr. Porter’s brother’s deaf roommate is that he says Dre told him the album’srelease date using sign language. While walking to school you checkHipHopDX to see if the new single has leaked yet. Sure enough, it has.You dig in your bag and grab your earphones and start streaming thesong.
    それじゃ次、ちょっと早送りして2011年。あなたはDetoxに関する36件ものアップデートを先月読んだ。Dreに関する一番最新のニュースは、プロデューサーのMr.Porterの兄弟の耳が聞こえないルームメートにDreが手話でアルバムのリリースデーを伝えたって話だったっけ。通学途中になんか新曲がリークしてないかHip Hop DXをチェックするんだよな、まぁ確実にリークしてるもんだ。そしたらあなたはバッグのなかからイヤフォン取り出してストリーミングでその曲を聞き始める。

    As a whining voice requests a doctor, you read the comments onthe song and see that 42% of people think this is the greatest songthey’ve ever heard because Dre is the greatest producer ever and thisis the newest song they’ve heard from him. 41% think it is the worstsong they’ve ever heard because ” Dre’s ghost producers suck worse thanhim” and “Eminem is a fag who raps about butt-fucking Dre.” Eightpercent of listeners are indifferent about the song because it’s a bitemo sounding, but they admit it’s a good concept. Four percent want you to know Lil Wayne is the G.O.A.T. and 5% want you to follow the hottest new artistyou’ve never heard of on Twitter.
    弱々しい女の声がDoctorが必要だって言ってる曲(I Need A Doctorの事)を聞きながら、その曲のレビューを見ると42%の奴らはベストプロデューサーの最新のシングルだから、この曲は最高の曲だって絶賛してるし、41%のヤツらはDreのゴーストプロデューサーはDre以下に酷くて、こんな最悪の曲聞いた事ない、とか、EminemはDreにケツ掘られたいってラップしてるオカマ野郎だ、とか酷評してる。。8%はソフトパンクっぽいトラックはあんまり気に入らないけど、コンセプトは良いよねって言ってる。残りの4%はLil Wayneがベストラッパーだ、とか、5%は今からくる新人アーティストをtwitterでフォローしろ、とか、関係ない事いってる。

    You dig the song though so when youget home you download it from Nahright along with a dozen other new joints, hit some other blogs and download four new albums and three mixtapes. You listen to three of the newsongs on your iPhone while you walk to your boys to play xBox. The next day you listen to Dre’s new song one more time before moving on to all the other new music you’ve got.
    レビュー読んで取りあえずゲットしよーと思ったあなたは、家に帰ってNah Right(USの有名HipHopウェブサイト)とかで他の新曲とあわせてDreの曲をダウンロードする。他のブログもチェックして4つの新しいアルバムと3つのミックステープをついでにダウンロードする。友達んちにxboxしに遊びに行く途中にiphoneに入れた新曲の中から3曲だけ聞いてみる。次の日、ダウンロードしたいろんな曲を聞き始める前に、一度だけDreの曲を聞いただけ。

    This near unlimited access has had countless effects on Hip Hop music andthe Hip Hop experience. Those are discussions that have been had or can be had another time. Certainly, a major outcome has been that fanstypically have wider tastes because there’s no risk to trying out a new artist or a new sub-genre. Except maybe your time and bandwidth.
    音楽への無制限アクセスはHip Hopの音楽とその経験に無数の影響を与えた。こんな話よく聞くだろうけど、まぁもう一回聞いてよ。この無制限アクセスが及ぼした結果の一つとして確実に言えるのは、いろんなジャンルやアーティストを(金銭的/物質的)リスク無しで色々気軽に聞けるようになって、ファンの好みが多様化していったって事。浪費するって行ったら時間とパソコンの容量ぐらいのもんだし。

    While there were a handful of ways to learn about a new artist, radio, video or your friends, were only about the only free ways to actually hear someone new. The Source was reliable back then, but you stillran the risk of buying an album and learning that you wasted your hard earned money.
    それに比べて昔は、タダで手に入れられる情報なんてラジオやビデオ、友達からの情報くらいだったんだ。
    Sourceマガジンは確かな情報で頼りになったけど、アルバムを買うって事はやっぱりギャンブルみたいなもん。誰も必死に働いて稼いだお金を無駄遣いしたくないもんな。

    There were the few enterprising record stores in eachcity that had listening stations and let you sample albums before yourbought them. It was a wonderful system but things got tricky for thoseof us who abused the system. I would listen to no less than five albums per visit and quickly wore out my welcome. At best, you had to dealwith clerks’ dirty looks and annoyed sighs. At worst, you were denied.Plus, spending four or five hours in the store listening to albums wasn’t the best use of time. But that’s what it was.
    アメリカの各都市には、商品を買う前にアルバムをタダで試聴させてくれるコーナーがある大手のCDショップが数店かはあったんだ。これは最高のシステムなんだけど、俺らみたいに試聴しまくる客にとってはそれもちょっとしたトラブルだった。
    一回来店するたびに5個以上のアルバムを全て試聴するもんだから、すぐ店側から嫌がられる様になっちまった。ラッキーなら店員から勘弁してよ、って感じの視線感じたり、わざとらしいため息に気づかない振りするくらいで済むんだけど、最悪試聴させてもらえない。しかもさ、4~5時間もCD屋で試聴してるなんて時間の有効な使い道じゃないよな。でも昔はそーだったんだから仕方ない。

    The morediscerning purchasers such as myself also ran into another problem. Sometimes you would go to buy an album and it had already been openedbecause someone had listened to it at the listening station. I didn’twant to buy that tainted copy, the fresh plastic wrap had already been ripped. That may seem incredibly trivial to those of you never took the packaging off a cassette or CD, but back when people bought thosethings there was nothing like getting home and cracking open thatpackaging and listening to an album for the first time while you readthe liner notes for the first time. That was experiencing music. So atorn open and repackaged copy? No thanks. The real trouble came withindependent releases where stores only had one copy. Dilemmas.
    俺みたいにこだわりがあった奴らは、もう一つ問題にブチ当たった。時々アルバムを買おうとしてるのに、他の客が試聴するために商品をあけちゃってるんだ。俺はラッピングが剥がされてるよーな人が一度触ったって分かる商品なんて絶対買いたくなかった。ラッピングしてあるCDとかカセットから中身を取り出す経験をしたことない人にはピンとこないかもしれないけど、昔はさ、家に帰ってからあのプラスチックのラッピングを剥がしてさ、アルバムのブックレットに初めて目を通しながらアルバムを聞くあの気持はたまんなかったな。それが音楽の聴き方だった。だから再包装された様なコピーなんて、まじ無理って話!でもさ、その再包装された商品1つしか店に無かったらどうすればいいのか。ジレンマだ。

    That was finding and purchasing the album, listening was an entirelydifferent animal. Unless you had deep pockets you probably picked one or two new albums a month, for some, it was even less. It was not a rare thing to listen to an album for months on end. Young cats often wonder why the older generation cling on so tightly to the golden years of Hip Hop. It isn’t just the quality of the music from those years, it’sthat we listened to these albums three or four times a day, every day,for months. Does that ever happen anymore? I sure don’t do it. Thenever ending stream of new music won’t allow it, and frankly, I don’tthink my attention span does either.
    これが昔のアルバムの見つけ方と買い方の話。でも『聞く』って事はまたまた全然違う話しなんだ。金持ちのヤツなら月に1、2枚のアルバム買えるだろうけど、大抵のやつらは無理だった。一ヶ月に一枚のアルバムを聞き続けることなんて、何も珍しいことじゃなかった。若い人達はなんで年上の人達がHip Hopの黄金期に固執するのか理解しがたいと思うんだ。それは単にその時代に出てた曲のクオリティーの問題だけじゃない、その時代、リスナーは同じアルバムを一日に4、5回、一ヶ月の間ずーーっと聞き続けたんだ。最近そんな経験したことないだろ?俺だってそんなこともうしないし。毎日膨大な量の新曲が更新され続けるからそんな事できないし、そんなに一つの作品にずっと注目してられない。

    None of this is to saythe new generation missed out on better times, the system in 2011 isundoubtedly better. Unlimited, risk free access to any artist and theability to carry 3,000 albums in your pocket with no AA back ups is nothing short of incredible.
    いろいろ書いたけど、これは新しい世代の人達がより良かった時代を経験できなかった、とか言ってるわけじゃない。
    むしろ2011年の方リスナーにとってより良い環境なのは間違いない。予備の電池無しで、ポケットの中に3000枚相当のアルバムを持ち歩けて、どんなアーティストの曲もなんのリスク無しにきけるなんて、素晴らしいとしか言いようがない。

    But what we’ve gained in convenience, we have lost in experience. We cannot possibly be as good of listeners aswe used to be; it is too easy to skip that song we don’t like in thefirst 15 seconds, or skip that album after skimming the first fewtracks. There are albums I absolutely love which I didn’t care forafter five listens. Today, there is no way I would give that album five listens when I put five new albums on my iPod five days in a row. I’msure I’m not alone there.
    でもその便利さと引き換えに、俺たちは音楽を経験するっていうことができなくなっちまったと思う。昔の様な最高のリスナーになる事は、今の時代不可能なんだ:最初の15秒だけ曲を聞いて気に入らなければ残りを飛ばせるし、アルバムの最初の何曲かだけ視聴してそのアルバム全体を聞かない事なんて簡単だ。気に入ったアルバムだったら5回聞くのも苦じゃない。でも今は週に5日、一日に5枚のアルバムをipodに入れてたら、一つのアルバムを5回も聞くなんてできなくなる。みんなもそーだろ? 

    You can’t help but wonder what things will be like 15 or 20 years from now. The times, they are a changin’.
    今から15年、20年たったらどうなるんだろって考えずにはいられないよな。時代は変わるものだから。。。

    "

  16. 94 Notes
    Reblogged: tofubeats